「情報だけを武器にしろ」これは、堀江貴文さんの本

のタイトルです。

興味のある方は一読された方がよいかもしれません。

どんな事が書いてあるのかをシェアしたいと思います。

情報発信者として勉強になる

コンテンツビジネスをしている方

・ブロガー

・YouTuber

など

何らかしらの媒体で自分のメディアを持っている人

全てにおすすめです。

初心者はまず読むべき

情報発信をしていく事に抵抗があるや

情報発信の初心者は絶対読むべきなのです。

言っている内容は、コンテンツビジネスをメンイに

やっている方は当たり前のことを堀江ブランドとして

文章で書いてます。

この本に

第4章 アウトプットするから情報が価値を生む

というタイトルで始まるのですが、コンテンツビジネスを

行なっている方も同じ事を言っています。

ホリエモン=本物の情報商材屋は同じ価値観

堀江さんはこの本の中で情報商材屋にセミナーを

頼まれる事があると言っている。

そこで「詐欺まがい商売」と言っている

私は、残念で仕方ありません。

情報商材屋は確かに「詐欺まがいの販売者」が

未だに多くいます。

有名人を使う商材ほど詐欺が多い

これは、購入する方にも問題があるのですが

権威のある人からお墨付きで信用がある

と魅せられたらついつい購入してしまう人

が多いのが事実です。

とにかく、儲かれば良いので内容・サービス

など二の次という考え方です。

残念ながら、未だに多くあります。

堀江さんも情報販売者である

堀江さんと言えば、情報商材屋さんを否定するスタンス

をとっています。

何故、情報販売者と言えるのか?

現在の堀江氏は、情報を売って収入を得ています

これは、完全に否定できませんしこの本にも書いて

あります。

・有料メルマガ

・本を書いている

この2つだけでも情報商材屋もやっていますし

情報を販売するという事を行なっています。

堀江氏の情報商材定義とは

これは、私の見解ですのでわかりませんが

「質」と「サービス」と「販売方法」だと

思われます。

これが、全てにおいて最低もしくはグレーゾーンの

販売手法なので情報商材屋を否定していると思います。

特に「セールスレター」は

誇大広告・虚偽の実績

を盛り込まれている場合も多くあります。

その様な連中と一緒にされたくないということでしょう。

情報だけ武器にしろの結論とは

大半の内容は、当たり前ですが

堀江さんの価値観で書かれている内容で

堀江さんの他の著書と共通する部分が多くあります。

結局のところ

情報をどういう価値観で汲み取って

インプットをしてアウトプットするのか?

を主に書かれています。

以前紹介した、アウトプット大全にも共通する部分が

ありますが、堀江氏の視点はまた違っていて

情報発信していく上で参考になります。

興味のある方はぜひ一読してみてはいかがでしょうか?