コンテンツ作成をしましょうと言うと一歩引く方や

私なんかまだまだ作れません

となる方が非常に多くいます。

 

コンテンツを作成するという事は非常に特殊な事だと

勘違いしている方やネタがないから作れない

 

それは、非常に勿体無い事です。

コンテンツを作る理由とは?

ネットビジネスでコンテツを作成できないとなると

稼ぐ事は非常に厳しくなります。

 

サイトアフィリエイトでも、ホームページという

文章コンテンツを作成しないといけないです。

 

ノウハウ系をアフィリエイトする場合でも

コンテンツを作成して特典として購入してもらわないといけません

 

ネットビジネスで大きく稼ぐための

コンテンツ販売なんて、コンテンツが作成できなければ

本当に意味がありません。

※内容はどうれあれ、作成出来なれば本当に詐欺です。

 

お金を稼ぐのであれば、コンテンツ作成は必要不可欠です

コンテンツとは何なのか?

そもそも、コンテンツとは何なのか?

身近な例では

  • T V番組
  • 新聞
  • ブログ記事
  • YouTube

などです。

特に、YouTubeなんかは非常に参考になると思います。

 

飲食店で食べている動画

散歩だけの動画

音だけの動画

 

全てコンテンツなのです。

 

一応、言葉の定義として

「情報の中身」となっています。

 

カナダ出身のマーシャル・マクルーハンという

英文学者が「コンテンツはメディアにあたり、メディアとはメッセージである」

と提唱された。

 

コンテンツ=メッセージを発信するものと解釈されています。

どうやってコンテンツを作成するのか?

どの様な形式でコンテンツを作るのか?

コンテンツ作成するためには

  • 文章コンテンツ
  • 音声コンテンツ
  • 動画コンテンツ

と3つの形式があるわけです。

 

文章コンテンツとしては

ブログ・ツイッター・フェイスブックなど

文字を基本としている媒体を使用し文字で

コンテンツを作成します。

 

ブログ=ブログ記事

Twitter=つぶやき

Facebook=記事

 

これらが、コンテンツとなる訳です。

 

音声と動画は基本的には動画サイト使用します。

Instagram・Facebook・Twitterでコンテンツ作成

できます。動画投稿サイトも沢山ありますが

YouTubeが一般的でしょう。

 

どの形式でコンテンツを作成するのかを決めます。

 

  1. 文章コンテンツが良い場合
  2. 音声コンテツが良い場合
  3. 動画コンテンツが良い場合

 

それぞれ、特徴があるのでそれぞれの適正が

あります。

 

基本的には、

講義コンテンツは音声又は動画

実技コンテンツは動画

説明は文章コンテンツ

 

参考に・・・

「キューピー3分クッキング」 という料理番組

・動画コンテンツ(TV番組)

・文字コンテンツ(テキスト)

この2つの組合せでコンテンツが成り立っています。

 

他にもあり(TV番組➕テキスト)の組合せってありますね。

誰に向けてコンテンツを作成するのか?

一番悩むのがココだと思います。

 

大まかには

コンテンツを閲覧する人をイメージする

 

コンテンツ作成に慣れると

「誰にコンテンツを渡すのか」が

明確になります。

 

これが、明確になればコンテンツを作成する

大まかな骨子ができます。

コンテンツを作れない人は・・・

コンテンツの作成のやり方を大まかに書きましたが

どうしてもコンテンツが作れない人がいます。

 

そういう人は、

 

・インプット量を増やす

・経験を増やす

 

この2つだけです。

同時に2つ出来れば最強ですが・・・

 

基本的は、

 

インプット量を増やした方が楽にできます。

 

インプットした事をひたすらコンテンツ

に変えていく練習をします。

 

そのためには

 

ブログを書いてみる

無料レポートを作ってみる

プレゼントにしてみる

などなど

 

公開していきます。

最後にお待ちかねパクる技術です。

同じ様なタイトルの本もありましたね。

 

先ほど、「インプット量を増やす」

その後「コンテンツを作成する」

 

これが、パクる事になります。

 

???

 

と思った方が大半ではないでしょうか?

 

学校を思い出してください

教科書 →    元ネタ

先生 →   コンテンツ作成者

生徒 →  コンテンツ作成者から学ぶ

 

その後

生徒 →  先生(教える人)=コンテンツ作成者

先生 →  生徒(教わる人)=インプットする人

となります。

 

要するに、

先生に教わった人が生徒に教え

生徒が先生になり新しい生徒に教える

 

これは、パクるための一例ですが色々とインプットしていくと

どこをパクっているのか?アイデアなのかコンテンツなのか

がわかります。