ステップメールの役割で、一番よく使われている手法で

自動化とも言われています。

ステップメールでセールスするポイントとシナリオ(メール)

にどの様にすれば良いのかを説明していきます。

セールスのポイントとは

まずは、セールスするポイントですが

年間のセールス回数が決まっています。

平均 4〜5回で多ければ8回程度に収まります。

毎月セールスされている方もいますが、セールスが

多い方がウザがられますが、少なければ存在が薄くなります。

なのでバランスが必要です。

購入率と意識する事

購入率は考えてもらえる時間が多いほど確率が上がります。

要するに、購入するかどうか迷わせる事に意識をします。

その為には、代表的な8つのポイントを意識します。

1:喜び

2:不安

3:苛立ち

4:笑い

5:安心

6:緊張

7:ワクワク

8:ドキドキ

などです。

常にどれかは、意識して文章を作っていきます。

ステップメールの客観的視点

まずは、ステップメールのシナリオを

客観的視点で見るポイントが13事項あります

1:布石・伏線はどこらへんなのか?

2:どの様にセールに繋げているのか?

3:どの様に期待を高めているのか?

4:どの様な特典をつけているのか?

5:どの様に押しているのか?

6:どの様に引いているのか?

7:どの様なポジティブ単語を使っているのか?

8:どの様なネガティブ単語を使っているのか?

9:なんで欲しくなるのか?

10:なんで欲しくならないのか?

11:どこに魅力を感じたのか?

12:どこに魅力を感じなかったのか?

13:どの様な言い訳を使用しているのか?

この13の項目を意識しています。

セールの流れとポイント

13の項目を意識て実際にどの様流れを当てはめます。

 

1:布石を打つ 伏線を張る

2:期待感も価格も高く高く押し上げる

3:募集・販売発表(予告)

4:特典発表(魅力解説)

5:レター誘導

6:沢山の方が参加している(参加者の声)

7:特典の削除案内

8:内容又は特典魅力解説

9:特典の削除のお知らせ

10:参加者の声(既に内容を確認した方の言葉など)

11:参加しなかったら損ですよ

12:値上がりのお知らせ

13:終了のお知らせ

ポイントです

その1:この時に思っていた(思わせていた)金額よりも

「安い」と思わせる

 

その2:初日に決断する理由を用意する

(特典がたくさん用意されている。特典を高額だと思わせる)

 

その3:布石・伏線の情報か多いほど効果的となります。

沢山の方からステップメールでセールスを受ける

いきなり、布石・伏線を張る事は非常に難しいと

思います。なので沢山の方からセールスを受けて

そのセールスを分析すると色々とわかってきます。

 

頑張っていきましょう!