昨年からサロンビジネスの終焉と言いますか、下火になるだろうと

言われたいました。その理由と今後はどうなるのか?について考えてみました。

何故、サロンビジネスは下火になるのか?

結論から言いますと、独立しネットで稼ぐ系は厳しいのです。

正直、ネット上ではビジネスネームで活動を行なっている方も

沢山いますし、プロフィールは盛る事は当たりまえの世界です。

もちろん、実社会でも職歴を盛って転職活動している方も大勢

いますが・・・。

ほとんど人は甘くなる・・・

プロフィールやよく分からない凄そうな実績にほとんどの人は騙されています。

何故なのかわかりませんが、

実績と経験などが自分よりも上だと思うと人は信用します。

これは、「ネットになれば人は馬鹿になる」と言います。

実社会では、それなりの地位でもネットになればかなり甘くなります。

もっと分析しますと、よく分からない(知らない)分野で興味がある分野

で結果が出てそうな人(出ている人)に甘くなる傾向があります。

誰が信用できるのか?

実際は、分からないとしか言いようがありません。

自分の判断+信用できる人の紹介

沢山のサロンに入会して自分にあったサロンを見つける

2番目は無責任かもしれませんが・・・

これこそが大切でして、自分に合ったもの・自分に合った人

しか信用できないはずです。

今後の展開に気をつけてほしい事

サロンビジネスは一つのミスが大きくなり崩壊まではいきませんが

かなり会員を減らす事になります。運営側が参加者を絞らなかった

原因もあると思いますが・・・。

信頼が揺らぐと退会された方々がどの方向へいくのか?

もちろん、マーケティングが上手い方に行っちゃいます。

これは、仕方がない事ですがある一定数の方は本気で自分でビジネスを

学びたいと思われるはずです。

サロンから溢れた方々のアフターフォローも考えてサロンを運営する事

も考えないといけない事が見えてきます。