最近、YouTubeの使い方について色々と考えてリサーチしています。

色々とリサーチをして出来るだけ色々な視点を持ってリサーチしています。

今回は、YouTubeを使って教材を販売している方法をお伝えします。

これも、メディア構築の事例だという非常に役に立ちます。

YouTubeを使う2つの方法

現在は、2つの方法についてお話します。

事例1:YouTubeで販売まで完結させる方法

事例2:YouTubeを広告として別媒体で販売する方法

これ以外の手法は無いと思います。

事例1:YouTubeで販売まで完結させる方法

こちらの手法は、そのままですがYouTubeを使って商品の良さを

アピールして販売します。

 

少しここで話は飛びますが、セールスレターというのをご存知でしょうか?

一つのページに数万文字で読むのも大変です。

 

参考:3Mブログサイトアフィリエイト「LUREA plus」ルレアプラス

 

読むのが大変ですよね。

 

時代が流れ、セールスレターで販売するよりももっと購入率を上げようと

考え出されたのが、「プロダクトローンチ」という手法です。

プロダクトローンチとは

ジェフ・ウォーカーさんが開発した手法で、代表的な例では縦長のセールスレターを読みやすく・伝えやすくする為メールや動画で縦長のセールスレターを分割して伝える手法の一つです。これはプロダクトローンチの手法の1つであり様々な手法があります。

 

話は戻りますが、YouTubeで販売を完結させる為にはセールスの手順が

いくつもありますが、販売する商品の為にストーリ動画(伏線動画)を

流しています。

事例1のまとめ

伏線動画 → 商品販売 → 成功!

事例2:YouTubeを広告として別媒体で販売する方法

これは、リストを取ってその後商品を販売する方法です。

今回見つけた動画は、面白い事に商品を

販売する気配すらない動画で説明欄を見ると

リスト+WEBINAR

で仕掛けがありました。

 

要するに、動画はイメージ広告的な使い方をしている訳です。

私の求めていたものに少しだけ近い事例でした。

 

今回見つけた動画ですが、本当にイメージ動画で動画を見れば

◯◯の人というイメージになりました。

 

事例2のまとめ

イメージ動画→リスト→WEBINAR→商品販売→成功!

 

まだまだ、リサーチしていきます!