ブログで稼ぐ為には、最低100記事を書かなくてダメだ!

なんて言われいますし、検索してみるとほとんどの方は100記事を書けと

言われています。何故100記事なのか?についての理由を書きました

ぶっちゃけ100記事を書いても稼げません

稼げるか?どうかと聞かれると稼げないのが一般的です。

稼ぐの定義は人それぞれですが、100記事も書けば全く0円という訳ではありません

 

私の思っている稼ぎは、1円でも報酬があれば稼いだと言っているのですが

一般的にいう稼ぐのイメージでは、数万円からだとお思います。

そういう意味では、100記事書いたとろころで稼げません。

 

なので、100記事で稼いだ方は沢山の経験がありリサーチ能力など

色々な要素が加わって稼げます。たまにセンスが良い人な稼げています。

しかし、普通の人なら無理な訳です。

100記事を書けと言われる理由

これは、明確な理由がありませんので各々の解釈が加わります。

ここからは、私の解釈となります。

キーワードのストック

SEO対策でもあるという事です。

記事と沢山書くと自然と単語が集まります。

検索エンジンを使った事がある方わかると思いますが

検索エンジンは基本単語や短文で検索をします。

 

例えば、「稼ぐ」・「ブログで稼ぐ」・「副業」など

このようなキーワードで検索すると思います。

 

文章は、基本的に「単語」の塊なのでそのストックが増えると

上位表示されやすくなる要素の一つでもあります。

ライティング力をつける為

文章力をつける目的でもあります。

私は、記事を書く練習と言っていますが同じ事です。

 

文章を書けば書くほど、記事は上達します。

 

文章力は、インターネットで稼ぐ為に必要になってきます。

初めの頃は、全く文章を書けません。

 

徐々に、書けるようになります。

その成果が現れるのが100記事あたりからです。

リサーチできる

ブログの種類(トレンド・ごちゃ混ぜなど)にもよりますが

どのような記事がよく読まれるのか分析できます。

 

  • どの記事がよく読まれるのか
  • どの記事が読者にとって反応があるのか

 

特に、ブログアフィリやサイトアフィリエイトされている方が

実感がわくと思います。

 

  • どの記事がよく読まれるのか?
  • どの記事が読者にとって反応があるのか?
  • どんな記事が売りやすいにか?

 

となり、売れる記事がわかるので記事がどんどん書ける

という訳です。

サイトの土台ができる。

サイトの土台というと表現よりもサイトが育つと言っても良いかもしれません

ちょうど、100記事を入れると土台となる部分が完成しました。

土台となる100記事は、SEO対策として有効になります。

 

基本的なSEO対策

  • 良質な記事がある
  • 読者の滞在時間
  • 検索されるキーワードがある
  • 良質な被リンクがある

他にも色々とありますが、100記事を投稿するという事は

基本的なSEO対策でもあるのです。

 

ここでもっとも重要な事ですが

 

記事の質です

 

記事の質が悪いとあまりSEO対策になりません。

 

例えば、文字数が少なすぎる記事

  • 挨拶程度の記事
  • 一言で終わる文章
  • 文字数が少なすぎる記事 など

色々とあります。

 

この文字数は、最近では1000記事ぐらいが良いなど

言われています。

 

私は、800記事ぐらいでも良いと思いっていますが

年々、読者さん目が肥えて物足りなく感じるようになっています。

 

良い記事は、1000文字でも2000文字でもじっくりと読みたいものなのです。

なので文字数は関係がないと言われている方もいます。

注意する事があります。

100記事を入れるのに期間が早ければ早いほど良いです。

できれば3ヶ月目標がちょうどいいです。

これが、1年・2年と掛かれば初めからブログをやり直した方が

SEO対策という点で考えて得策です。

まとめ

100記事を書くというと、非常に労力がかかりますし

時にはネタ切れを起こしたりサボったりします。

 

しかし、100記事書くということは言葉では簡単ですが

難しいと感じる人がほとんどです。

 

今回のポイントをまとめました

  • SEO対策になる
  • リサーチできる
  • 文章力をつける事ができる

 

100記事頑張って書くと文章を書く事に慣れてきますので

そこから、色々と意識するのも一つの方法だと思います。