ココナラ が順調に売れています

単価が低いので、手数料25%も取られているのです。

沢山売らないとダメなのですが・・・。

 

裏技があって、ココナラ で低単価でもすごく稼いでいる方

も密かに沢山います。

ココナラ はフロントで使え!

ココナラ は基本的にはフロント商品で使うのが

基本的な考えです。

 

その後は、色々と設計しないといけませんが

フロント商品なので何でも良いのです。

 

労力は実はココナラ の方が少ないです

PDFファイルで1,000〜3,000文字程度で十分に売れます。

しかも、購入されればそのPDFファイルを渡せば完結します。

キンドルなら最低10,000文字程度は必要です。

 

文章を書くという労力では、ココナラ の方が少なくすみます。

 

サポートという面では少しの労力がかかりますが

初めの労力は本当に少なくてすみます。

 

サポートはどうするのか?

ココナラ では、有料オプションでサポートをつけます。

イメージとしては、格安でワンタイムコンサル的な感じです。

 

ビデオチャットサービスをやった方が儲かるかも

ココナラ では、ビデオチャットを使いサービスを提供できます。

こちらは、実際にビデオチャットを使うので問題解決なら

素早く解決できユーザーさんとの距離が縮むサービスなので

色々とできる可能性があります。

 

電話サービスもある

ビデオチャットは最近できたのですが、電話サービスは昔からあります。

こちらも、時間制約がありますが労力を考えて場合はそこまで大変では

ありませんね。分単位なので割高感があります。

 

ココナラ でバックエンドは可能なのか?

ココナラ では、基本的にはバックエンドを認めていません。

 

ココナラ で全て完結してください

 

というスタイルなのです。

 

ココナラ で完結するバックエンドというと有料オプションとなる訳ですが

最近請求できる金額も大幅にアップされたのでココナラ内で十分かも

しれませんが、相談系の有料オプションは50,000円が最高です。

また、制作・ビジネス系の有料オプションは100,000円が最高となっています。

 

 

ココナラ の販売価格帯からみても、フロントエンド・バックエンドという

概念が無いように感じます。