ネットビジネスにおいて他力本願とは非常に大切な事です。

特に初心者である内は大切にしなければいけません。

しかし、この「他力本願」と言う意味は宗教用語でもなく

一般的に使われる

三者に任せっきりにして自分の手を一切汚さずに物事を完遂する

でもありません。

他力本願は自分の成長を止めます

自分で調べれば出来ることを何もしないで聞く方がいます。

 

私は「検索の重要性」をずっと言っているのですが

なかなか伝わりません。

 

これは、実際サポートをしないと実感が湧かないと思います。

 

一から十までその都度聞いていると非常に効率が悪く

机を並べれて家庭教師的な存在ならすぐに対応など出来ますが

ある程度時間差が出てきます。

 

早く、回答が欲しい場合はとにかく「自分で調べないといけません」

検索しても分からない場合にのみ「サポート」を使うのです。

これが、出来ない人がすごく多い気がします。

他力本願を使う本当の方法

しかし、自力でどうする事も出来ない場合は自分以外の人の力

を借りないといけません。

 

しかし、何もない状態から這い上がるためには絶対に他力を使わない限り

這い上がれないのが現状です。

 

そこで、どうするのか?

 

他人の力を借りる事です

 

これは、お金という観点と人脈作りから非常に重要になります。

 

他力が使える人かどうか?

その周りに人が寄ってきているかどうか?になります。

そこで、重要になってくるのが金銭を抜きにして

人が集まってきているのか?を見極める必要があります。

 

この見極めは難しいのですが経験を積めば何となくわかります。

 

もちろん、他力を使えるかどうか?というやましい気持ちで接すれば

相手もそれなりの対応しかしてくれませんが、その事を一旦忘れて純粋に

損得無しに付き合えるかどうかを判断してきます。

結局は人間関係なのか?

ズバリ、他力本願は結局は人間関係になります。

誰でも得する人と付き合いたいものです。

 

何に対して得するのか?は個人の価値観なのですが

 

お金を運んでくる人脈

 

だとかなりお得ではありませんか?

 

個人でコンサルタントを行なっている方は

口コミベースの紹介があります。

 

そうなるには、まず誠実である事ですが一番重要な事は

 

自分で問題解決する能力

 

が必要となって来ます。