あるプラグインを見ていてら、PHPのバージョンアップが必要です

みたいな警告がありました。

WPのバージョンUPは気をつけてやっていたのですが、

PHPのバージョンまでは、意識をしていませんでした。

そう言えば、WPを入れてから数年サーバーに入って、セキュリティーも

そのままだった。

 

意識せずとも、勝手にサーバー運用側個別でやってくれると思っていました。

(最低限のセキュリティー設定はやってくれます。)

 

なにはともあれ、警告が出ていたのでサーバーにログインしてみると

PHPのバージョンチェックのついでにセキュリティーも設定をして

バージョンをチェックしてみると、PHPのバージョンが3.2のまま

でした!!

 

よく分からないまま、PHPのバージョンを7.1へ変更すると・・・

 

 

 

 

 

 

この様なエラーが起こりました。

いやー、ビックリしです。

ちょっと、気になったので調べてみると

wp-confin.hphのファイルを弄れば良い!!

ん!なるほど!

 

 

 

 

 

 

 

どうやら、ロリポップにログインしてデーターベースのパスワードを変更し

画像のパスワードのところを変更すれば正常に作動するとなっていました。

パスワードも変更したので!!いざっ!!

ん??????

画面が真っ白になりましたぁぁぁ

騙されたぁぁぁぁ

 

よし!PHPのバージョンを戻そう!と思いつき

5.3へ戻そう!ともいPHP画面へ行くとバージョンが古すぎて

消えているではありませんかぁぁ

※基本的にPHPをバージョンアップしたら戻せないらしいです

しかし、5.6があるのでやってみよう!

 

 

 

 

 

 

 

あらら〜〜 表示されて一安心と思いきや

WPのテーマが崩れてたぁぁぁ

 

こうなったら、ヤケクソだぁぁ

 

もう一度、PHPの最新バージョンである7.1にするぞ!!

表示されないのがわかっているので、データーベースである

MySQLのバージョンもアップされているはず!!

やってやるぜ!バージョンアップ!最悪、WPを削除してやる!

と思いバージョンアップをすると・・・・・

 

 

 

 

これで、ログインできると思いきや、この画面は・・・・

あれれ・・・・

WPをインストールし使用する画面ではありませんか?

 

という事で、本日より気分新たにやって行きます。

 

PHPのバージョンアップから始めからになってしまうとは・・・

実は、以前のWPのプラグインの整理を考えていたので

ちょうど良かったのですが、記事の整理中だったので

未整理の記事は、全てなくなったという事です。

バックアップも大切ですが、また記事を書いていけば良いだけなので

良かったです。

 

整理中の記事の公開もどこかでやっていきます。